読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリコロールな猫

猫とつくばと茨城をこよなく愛するnekotricolorのブログです

OmmWriterの有料版は一度開いたら閉じたくないレベル

 

やっぱり長文は大きな画面で書きたい@nekotricolorです。

以前「一度使ったらもう手放せないMacのテキストエディタ「OmmWriter」」と題してご紹介した、「書きたいことを書くために便利なツール」ではなく「ツールを使いたいからなんか書く」気にさせるOmmWriter、ついに有料版を買ってみました。

機能は無料版と変わりませんが、背景は3種類から8種類、音楽とタイピング音は3種類から7種類に増えます。

いやーいいじゃないですかこれ。背景は微妙に変化していくのがあるし、05のタイピング音サイコーだし。なにこのツンツク感。早く買っとけばよかった。

前のレビューのときに「有料版は音楽がイマイチらしい」と書きましたが、これは無料・有料で変わるのではなくバージョンによる変更で、現バージョンは2012年の大晦日に公開されたもので、有料版の音楽は無料版+4曲という感じです。つまり前の記事の時点でApp Storeのレビューで「イマイチ」と言われていた音楽だった訳ですが、別に悪くないけどなあ。前のバージョンはどんなんだったんだろう。

私のおすすめは、背景は右から2番目、音楽は03、タイピング音は05です。もう一度開いたら閉じたくないもんね。ますます「ツールを使いたいからなんか書く」罠にはまりそう。

これはブログだけじゃなく仕事でも使えるな。文章を書くすべての人にお勧めしたいエディタです。

OmmWriter Dāna II
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル