読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリコロールな猫

猫とつくばと茨城をこよなく愛するnekotricolorのブログです

英語でのセミナーや講演を乗り切る英語学習法

 

久しぶりに英語の勉強を本格的にやることになったのでメモ。
今回の英語学習の目的は、10月半ばの海外での招待講演です。スペイン語圏なのですが英語でもOKということで、技術的な部分は英語でやることに。
で、講演が終わった今は今月のTOEICに向けて勉強を続けています。
 
英語学習はいろいろ方法があると思うのですが、私が選んだのはSKYPEでのマンツーマンの授業。
SKYPE英会話のいいところは、サボりようがないということだと思います。
私のような怠け者は学校に通うような面倒なことは続きませんが、SKYPEなら家にいる限り逃げ場がないですからね。
 
数年前、E-COM英会話というところでSKYPE英会話を始め、最初の講師の方ととてもウマがあったのでそれから2年くらい続けていました。
当時は英語で技術的なセミナーをやるような仕事をしていたのでかなり真剣で、帰宅時間が不規則だったため毎朝30分やるようにしていました。
よそに比べると値段は高いんですが講師の質や教材アプリの作り込みもちゃんとしていて、当時の講師がまだそこで教えていれば確実にまたそこで授業を受けていたと思うのですが、残念ながら彼女はもう辞めてしまっていて、それなら今回は数をこなしたいし値段の安いところを探すかと思い、レアジョブを見つけました。
 
レアジョブに決めたのは、以下の記事を読んだから。

togetter.com


値段も破格の安さですしねー。毎日1時間やって月8,000円。今回のような短期集中にはうってつけです。
 
招待講演は情報セキュリティに関するものだったので、講師検索で情報系の学科を卒業している人を探し、講演資料をPDFで渡して実際に私がプレゼンしてみる、という形を取りました。
言い回しや資料の間違いなどをその場で指摘してもらいます。
内容についての質問もしてきてくれて、とても役に立ちました。
 
講演は無事終わりましたが、レアジョブは1ヶ月単位での契約のため授業を受けられる日数がハンパに残っていたので、11月18日にTOEICを受けることにし、TOEICに向けての勉強に切り替えました。
こちらは教材が既にそろっていて、これを使ってます。1時間でBasicとReadingは一通りやれるので、毎日やればかなり力がつきそうな感じです。
 
英語でセミナーをやってたころは、SKYPE英会話に加えてiknow!での単語力強化と通勤時間でのマンブリングもやってました。
 
iknow!は残念ながら有料になってしまい、同時にコンテンツの種類が減ってしまったので今はやっていませんが、たまに無料お試し期間があったりするのでそのときはやってますw

iknow!は繰り返しによる単語の暗記に特化したサイトです。ディクテーションもできます。カシャカシャとタイピングしてやれるのが癖になります。飽きっぽい上に暗記が全くできない私でも続けられるし覚えられるし、とてもいいサイトでした。もしまた日常的に英語が必要な仕事をやることになったら、間違いなく有料会員になると思います。
 
マンブリングはシャドーイングの声を出さない版ですかね。文章を聞いて、それを口頭で繰り返す。マンブリングは口の中でモゴモゴ言う感じ。

やってみると分かりますけどすごい難しいです。短い文章でも最初は笑っちゃうくらいできません。
ただこれ、効果はてきめんです。これだけでTOEICのリスニングパート9割行けます。多分。
私はDUO 3.0DUO 3.0 / CD復習用でマンブリングをやってました。単語の意味は分からなくても、完全に文章を再現できるまで何度も何度も聴き直します。

マンブリングを使った学習法についてはnanapiに詳しく書きました。
nanapi.jp

これは通勤中にやってたんですが、息抜きにESL PodcastEnglish Cafeを聴いてました。マンブリングをやった後だとかなり楽に聞き取れます。
 
SKYPE英会話、iknow!、DUO3.0のマンブリング、Podcast。これだけで英語でのセミナーができるようになるんだから安上がりですよねー。
英語学習に大金はいらない時代になりました。