読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリコロールな猫

猫とつくばと茨城をこよなく愛するnekotricolorのブログです

IFTTTでEvernoteやFlickrに情報を集約する

 

前回はとりあえずIFTTTを使ってみるということで、レシピを1つ作ってみました。

今回は自分の情報収集をIFTTTで自動化することを考えてみます。

私の情報収集法

この際なので自分の情報収集について整理しておきます。

私の場合、

情報収集:Twitter(からのCrowsnestからのInstapaper)、FacebookGoogle Reader(からのInstapaper)、Web(はてブGunosyなど)

情報集約:EvernoteDropboxFlickr

という感じ。

CrowsnestTwitterのTLに流れるリンクから関心度の高いものを表示してくれるサービスです。

Instapaperは言わずと知れた「後で読む」サービス。自分の中でReadItLaterとの熾烈な争いに今のところ勝利を納めています。と、思ったら今はPocketって名前で一新されたのか(遅い)。しかもIFTTTのトリガとして使える。これは試してみないと。

Gunosyはユーザの興味を学習し、興味にあったニュースを表示してくれるサービス。

はてブはユーザとしてはほとんど使ってなくて、ホッテントリのチェックくらいです。

Instagram規約の変更騒動で危うく退会するところでしたが、どうやら大丈夫そうなのでまだ使ってます。

で、情報の動線は以下のような感じ。

  1. Webブラウザで記事を一度見る場合(Crowsnest、FacebookはてブGunosy)は、Evernoteエクステンションで直接保存します。
  2. Twitterについては、favったもの(starred)もEvernoteに送りたい。
  3. Google ReaderはタイトルでフィルタリングしてInstapaperに保存し、InstapaperでLikedしたものをEvernoteへ。
  4. Instagramはその時々でFacebookTwitterにも投稿していますが、基本すべてFlickrにも保存したい。

無駄に絵にしてみました。オレンジの線が手動、青い線が自動(にしたい)。

info_gather

Twitterのfav、InstapaperのLiked、Instagramについて、IFTTTで自動化したいと思います。

TwitterでfavったつぶやきをEvernoteへ保存する

私は意外とfavって使わないんですが、全く使わないわけではなくむしろ少ない分珠玉のつぶやきが多いので、ぜひ保存しておきたいところ。

前回も書いたとおり、TwitterはIFTTTにAPIを提供するのをやめてしまったのですが、そこはソーシャルなサービスなので、他の人がちゃんとレシピを公開してくれています。その名も「Save your favorite tweets into Evernote. Twitter has disabled IFTTT services,but they can't kill RSS(favったつぶやきをEvernoteへ。TwitterはIFTTTをリムったけど、RSSは使えるもんね)」です。

Feed URLにある[USER]を自分のハンドル名にすればOK。ここにも書かれている通り、他人のfavでもOKです。

ユーザ「nekotricolor」のfavを、というときには

https://api.twitter.com/1/favorites.rss?screen_name=nekotricolor

ですね。

Twitterは結構頻繁に仕組みを変えるので、そのたびにルールの書き方を変更する可能性があるかもしれませんね。

InstapaperのLikedをEvernoteへ保存する

割と重要な条件として、「Webページは(URLだけでなく)ページの内容を丸ごとEvernoteに記録する」が挙げられます。

Instapaperでは、RSSにはタイトルとURLしか載っていません。全文を保存するにはちょっとした工夫が必要です。

Instapaperでスターをつけた記事を、内容込みでEvernoteに記録したい。と思って探したらすぐ見つかりました。さすが日本人。

ありがたくレシピを使わせていただきました。

TriggerのFeed URLの「http://fulltextrssfeed.com/」以降に、Unread、LikedなどのRSSのURLを入力すればOKです。

Instagramの投稿をFlickr

これは前回の説明の通り、[Create]から作成できます。

これでしばらく運用してみて、どんなふうにEvernoteFlickrにたまるか見てみようと思います。

参照