読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリコロールな猫

猫とつくばと茨城をこよなく愛するnekotricolorのブログです

部屋探しで気をつけたい20のポイント

 

引っ越しを検討しています。

両親が引っ越し大好きだったせいか、私ももう一人暮らしを始めて17年になりますが、17年て!なげえよ!!今の部屋に住むまでアパートの更新をしたことが無かったんです。つまり2年ごとに引っ越してたんですね。

最近はいい加減荷造りがめんどくさいのでむしろもう引っ越しはしたくないんですが、今住んでいるアパートが人生に支障が出るレベルで寒いので、ついに鉄筋コンクリートのマンションに引っ越そうかと思い立ちました。

そこで備忘録も兼ねて、私が物件を見るときに気をつけていることを共有しようと思います。間取りや方角などについては事前に選べるので書いてません。

世界で2番目に危険な国エルサルバドルの首都に2年住んでて犯罪に遭わなかった私の治安に対する感覚も加味されててお得です。たぶん。

周辺環境編

  • 廊下(共用部分)や階段が外に面している←見えないと変な人と予期せず対峙する可能性がある
  • 廊下(共用部分)・ゴミ置き場・駐輪/車場がきれい←ちゃんと管理されてるかというのもあるけど、散らかっている場所は基本的に治安が悪いので
  • ベランダ側の向かいに家がある場合、ちゃんと人が住んでいる←昔住んでたアパートの裏が廃屋で、1階に空き巣が入ったことがある
  • 大家が近くに住んでいる←最近は管理を不動産屋がやってたりして難しいけどやっぱり近くにいる方が安心
  • 2階以上←1階は空き巣に入られやすいだけでなく、カビや虫も多い
  • 下にコンビニや飲食店が入っていない←入っているとGが出やすい
  • 高圧線が近くにない←近いと変な人が多い(単なる経験則ですが)
  • 駐車場などのライトがベランダ近くにない←近いと虫が多い

室内編

  • 部屋に入った瞬間に感じた第一印象←明るさとか匂いとか。これが一番重要な気がする
  • ベランダからの景色←侵入の足がかりになるものがないか
  • 窓の鉄線←入っている方が破られにくい
  • 玄関外の電気←誰かが来たときに明るい方が安全
  • 共有部分の電気←センサーで自動で点くやつがあるとGOOD
  • テレビ線の穴の位置←テレビを置きたい位置とあってるか
  • コンセントの数←あればあるほどよい
  • 台所のシンクの高さ←料理する人には結構重要
  • シンク上の物入れの高さ←身長に合ってないとただのデッドスペースになる
  • シンクとガス台の間のスペースの広さ←まな板置きたい
  • シンク下の物入れ←Gの痕跡がないか
  • 窓が出窓←物が置ける

こうやって書くと周辺環境の方が断然重要ですね。室内はそれほどマストなものはなくて、だいたい入った瞬間にイイ!と思ったところに決めてます。

今まで住んだ家で最も安全だと思ったのが、大家さんの家の庭に建っていた女性専用のアパート。ベランダの下は大家さんちだから空き巣は入れないし、なんかあったらすぐに来てもらえるし。

内見のときには間取り図とメジャーを持っていき、実際のサイズを間取り図に書き込んでおくと家具の置き方などを妄想できていいです。

方位磁石もあると便利。まあこれは今はiPhoneなんかでも代用できますね。

他にも皆さまが気をつけている点があったら教えていただけると大変うれしいです。

ちなみに世界で2番目に危ない国の治安は当時やっていたブログここここに書いてます。ご興味のある方はぜひご覧ください。